2011年08月16日

酵素について最近不愉快に思うこと

情報収集によりブログやHPのネットサーフィンを良く行いますが多くの方がアフリエイトとして、苗字のついた○○酵素、○○乳酸菌という商品を広告として貼られている方が多く目に付くこと・・・見るたびに不愉快になります。
この○○さん消化器系のドクターですが、○○と自分の名前を付けて酵素と乳酸菌を販売されています。このお方10年くらい前でしょうか。牛乳は子牛の食品であり人間の食品にあらず人間にとって毒であるという書籍を発行され牛乳業界に物議をかもし、このような常識外れの見出しから新聞の記事にまでもなり、一大センセーショナルとなり日本列島駆け巡りました。マスコミ、マスメディアは本当、嘘は関係なく購入部数を伸ばすためお金儲けのためエッと思うような見出しには喰らいつきます。おかげその書籍が多く売れ印税もガッポリで儲けられたようです。でも今では牛乳が人に対して毒などという根拠もないし、その書籍も信憑性なしと相手にもされていません。
そのドクターそれにこりず味をしめ「病気にならない○○○」という酵素についての書籍を出されそれがなんとベストセラー・・・・そして調子に乗って自分の名前を付けた○○酵素、○○乳酸菌なるものを自分の手を汚さずOEMで販売・・・・。まあまあお金儲けに長けた方ですね。だから訳もわからない人たちが、自分のホームページなどにクリック率高いこれらの商品をアフリエイトとして広告として貼れば、小遣い稼ぎになると・・・・・類は類を呼ぶということでしょう・・・・だから不愉快に覚えてなりません。
このドクターによる酵素の見解に対して自分の思いを下記に記しているので酵素に対してはここでは述べません。以下を参照してください。
http://kinbow.seesaa.net/article/214709650.html

実際ドクターが出された書籍を買っていないのでというか買う気もしないのでどうこう言う資格はありませんが、垣間見効きした中でドクターはこんなことも言っておられます。
鳥や牛などは人間より体温が高くそれらの脂質が人体内にはいると体温が低いので脂質が固まり、ドロドロとなってしまうので、人体より体温の高い鳥肉、牛肉は摂取すべきではない。すなわち毒であるということ。これを見て真しとやかになるほどと思ってしまいます。でもね・・・鳥や牛の脂質が体内に入っても十二指腸で胆汁がそれら脂質を乳化して溶かします。そして膵液が分泌され膵液中のリパーゼがちゃんと分解してくれます。脂質が固まる暇もありません。本当に固まったりドロドロするのであれば牛肉主体、牛乳主体の欧米人の体内は毒だらけで成人に達するまでに殆ど病気になってしまいます。これらの何の裏づけもない根拠もない単なる思い付きを消化器系のドクターが言うべきことか? また書籍まで出すべきことか? そらどこかのオッサンが言うのであれば許せる。ドクターという肩書を持った人がするからとても不愉快になってしまいます。
○○乳酸菌についてはとくに触れていないので一言コメントしておきます。えらそうに・・・・・。まあ単なるどこかのジジイが言うことです。お許しを・・・・。
使われている乳酸菌は有胞子乳酸菌です。この乳酸菌は一般の乳酸菌と違い増殖するさい際に納豆菌と同じように胞子を発生しその胞子が発芽して増殖していく乳酸菌です。従ってその胞子は体内に入り消化器系の強酸などにも耐えうることができ、腸に回ってから発芽して増殖するというものです。いわば生きて腸に届くという乳酸菌でそのあたり優れた乳酸菌です。当然この乳酸菌を発見、抽出されたのはこのドクターではありません。中山さんという方でドクターなのか今のところ調べていますがどういう方なのか不明です。
これもやはり同じく手を汚さず、OEMで作らせ自分の名前を付けて販売する・・・商才に長けた人です。
生きて腸まで届くというのは他にも商品はありますが、私のブログを読まれた方は分かっていると思います。摂取した乳酸菌が100%胃酸などで死滅はしません。生死の心配は無用です。生き残った乳酸菌はしっかり腸で培養され増殖します。大切なのはサプリ摂取ではなく、自然の発酵品で菌及び菌が作りだした生産物質を自然な形でその自然を丸ごと摂取するということです。何も高価なサプリを購入する必要はありません。

posted by kimbow at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菌坊さん、痛快です。よくぞ書いてくれました。
実はこの本、買って読んで鵜呑みにしていたわたしです。でも1つ感謝できる点があります。この本によって酵素に興味を持ち、手作り酵素ー手作り酵素から菌坊さんのプログに出会いー今は酵母菌、乳酸菌、納豆菌に関心を持ち更に知識を深めています。
この本に疑問をもつきっかけになったのは佐野啓明さんの「知っておきたい健康事情36」という文庫本を読んでからです。最初に牛乳について取り上げていました。菌坊さんと同じでとても理論的でよく調べ上げておられました。
「人間より体温の高い動物の肉は血を汚す」という内容も鵜呑みにしていました。馬鹿なわたしです、、、、、。
でもいくつか参考になる内容もありました。いづれにせよ本にするからには多くの人に影響を及ぼすのですから根拠に基づいた資料を提供してほしいですね。
とにかく、今日はあっぱれ菌坊さんっと言いたいです。 
Posted by Y.D at 2011年08月17日 08:25
いつも元気なkimbowです。
Y.Dさん、いつも有難うございます。
やっぱりドクターという肩書きのある方のお話、ましてや書籍にまでなってしまえば、誰だって信用してしまいますよね。
今日もどれだけ○○酵素のアフリエイトを見せられたことか・・・・。異常というしかありません。
「知っておきたい健康事情36」のご紹介有難うございました。早速ネットで注文しました。
Posted by 菌坊 at 2011年08月17日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。